読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使ママのお部屋

体外受精、双子妊娠、22週流産、癒着胎盤を乗り越えてベビ待ち中のナースのブログ

メルカリで「妊娠菌米」が売られている件について

こんばんは。天使ママのお部屋へようこそ。

今日は今話題のニュースから。

 

アプリ一つで自分が持っているものを簡単に売ったり買ったりすることが出来る便利なフリマアプリのメルカリ。

私は利用したことはないのですが利用したことがある方も多いでしょうね。

そのメルカリで「妊娠菌」つきのお米1合が1500円で売られているとか。

米1合はおよそ150グラム。普通のお米は2キロで1980円とかですよ。コシヒカリとかあきたこまちとか普通に売ってる有名ブランドでね。

それがたったの150グラムで1500円って。凄い商売ですね。

問題のニュースはこちら。

mainichi.jp

今朝zipやスッキリで取り上げられていたこのニュースを最初に見たとき、不妊治療をしている人たちをバカにしてる!という怒りがこみ上げてきましたが、まぁ少し冷静にこの問題について考えてみましょう。

 

f:id:yuki-1224_love30:20170503095425j:plain

本日のメニュー

 

 

きっと最初は純粋な気持ちだったんだろう

こういった妊娠菌にまつわるグッズが出品され始めたのは2年前ほどからだそう。

 

もしかしたら最初に出品した人は本当に自分が妊娠できたことを奇跡に感じてこの幸せをみんなに分けたい!という純粋な気持ちで出品したかもしれない。

それがどんどんビジネス化して悪徳商法と化してしまったのかもしれません。

でもね、純粋な気持ちもそこに金銭の授受を要求した時点から純粋じゃないんですよ。

 

だいたい妊娠菌がついた米が売れるだろうなんて発想にならないはずです普通は。

ほんのちょっとの利益を乗せた純粋な気持ちで出品している人を見てこれは上手くやればもうかるんじゃないかって目を付けた人たちがいたんじゃないでしょうか。

更に今度は妊娠している人たちがこんなのが売れるんだぁっていう軽い気持ちでどんどんこの商売に乗っかってあっという間に膨大な数の妊娠菌グッズが誕生。

米だけではありません。中には基礎体温計や陽性反応の出ている妊娠検査薬まで売られているそうです。

 

f:id:yuki-1224_love30:20170503095440j:plain

買ってる方だってわかってるはず

妊娠菌なんてそもそも存在しない。そんなことは買ってる方だってほとんどの人はわかってるはず。あやかれたらいいなぁという子宝に恵まれる神社でお守り買うのと同じ感覚で購入しているんだと思います。

 

藁にもすがる思いで買ってしまったとしても心の底から効果があると信じて買った人なんていないはず。

でも買う人がいるから商売が成り立ってしまうわけです。

現在メルカリスタッフ200人が24時間体制で妊娠菌にまつわるグッズの出品を削除しているらしいですが誰も買わなきゃこんな事態にはならなかったはずです。

人の悩みにつけこむこんなあくどい商売をやるほうももちろん悪いんだけど、購入する側だってせっかくお金を使うならもっといいもの買おうよ。

こんなことが商売になるんだ、不妊治療やってる人たちなんてちょろいなって思われるのも腹立つじゃん。

 

このニュースでまた不妊治療=辛いのイメージがアップ

このニュースを見て世間の皆様はどう感じるか。

そう、何が腹立つってさ、世間に「やっぱり不妊治療している人ってこんなものでも信じて買いたくなるくらい大変なんだ、かわいそうに。」って思われるのがまた尚更腹立つ!

別にかわいそうじゃないし。本気で信じてるわけなんてないし。

普通ならこんなもの買わない。私たちならこんな物は買わないのに不妊治療をしている人は買うんだなって思われたくない。不妊治療をしていない「私たち」も不妊治療をしている「私たち」も同じです。特別変わりはありません。

そんな憐れんで他人事にしないでほしい。かわいそうな人たちで片づけないでほしい。

そしてその「かわいそうな人」を食い物にする輩にまんまと食われている人たちは自分で自分を「かわいそうな人」にしているだけだと思います。

 

不妊治療をしている人は辛くて大変でかわいそうな人たちって概念が定着すればするほど実際に不妊治療をしている人たちが周りにその事実を公表しづらくなるんです。

もしくは公表した後、周りの人たちが変に気を遣いすぎて関係がぎくしゃくしてしまったりするんです。

 

f:id:yuki-1224_love30:20170503095733j:plain

そもそも妊娠菌は善意で発生した言葉

なんで妊娠菌なんて言葉が発生したのか。

それは女性同士の善意の心だったわけですよ。

私も働いているとき、妊婦の先輩看護師に「いっぱいお腹触って!あやかれるようにね。」と言ってもらってお腹を触らせてもらってました。

よく聞く話、病棟に一人妊婦ができるとぽんぽんと数人の人が妊娠して「あの病棟は今妊娠菌が蔓延しているぞ」なんて話がありました。

不思議とそういうことがあって、子宝を授かりたい人同士、希望が持てるように妊娠菌にあやかろうなんて話をしたりするんです。

そしてこれ使ったら妊娠したからって妊婦になった友人から妊活グッズを譲ってもらったりほんとはそんな善意の心で始まった話だったはずです。

いわば花嫁がやるブーケトスみたいなもんです。

そのブーケがネットオークションで何十万で売られているみたいなもんですよ。

そんなことしてる人見たら何やってんのコイツってなりますよね。

妊活菌についての善意の心が踏みにじられたような気がします。「妊娠菌」=悪いものではないんです。もともとはとても暖かい言葉だったはずなのに、こんなことのせいで悪いイメージがついてしまって本当にもう腹が立つ!やっぱり腹が立つ!

 

こんな商売に引っかかってる暇も、余分な金もないはずです!私たちは!こんな米食べてるくらいなら葉酸サプリ飲んでる方がよっぽどいいわ。

 

冷静に考えようとか言っておいてやっぱりだんだん書いてるうちに腹が立ってしまった。とにかく、正しい判断で購入しましょう。ジンクスにあやかりたくたって1合1500円の米なんてぼったくりもいいところです。ジンクスに払う対価にしてはあまりにも高すぎるでしょう。

これ以上こんなくだらない商売が増えませんように。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

合わせて読んで頂きたい記事

こんな記事も書いてまーす!

 妊活クライシスって知ってます?

www.yuki-1224-ten.com

www.yuki-1224-ten.com

 

 不妊専門の病院に通っている人が普通の産婦人科行くと破壊力半端ないって話

www.yuki-1224-ten.com

 

宜しければこちらもお願いします

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村