読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使ママのお部屋

体外受精、双子妊娠、22週流産、癒着胎盤を乗り越えてベビ待ち中のナースのブログ

私の妊娠ライフその2~一週間の入院生活~

こんにちは。天使ママです。

昨日はとてつもなく暖かったですね。そして今日はまたいつも通り寒い。

体調管理が大変な時期です。

去年の今頃は初めての体外受精に向けて内服を始めていたところです。一年後、こんなことになっているとは思わずに…。

では、昨日の続きです。

初めての患者ライフ

病院という場所は私にとって慣れ親しんだ場所ではありますが、働く場所であって寝起きする場所ではありませんでした。今回は初めての入院により初めての患者体験をしたわけです。患者の立場に立って寄り添う看護を提供するというのは基本的理念としてよく言われていることですが、いかに患者の立場に立つということがその経験なしでは難しいことであったかということを痛感しました。10年以上看護師として働いてきましたが患者の立場になって改めて気づくことが沢山ありました。

夜の病室って…

例えば、輸液ポンプ。これは精密に点滴の薬を投与したいときに使う機械で点滴台に取り付けられています。ドラマとかでも集中治療室の映像なんかで映っていることがあるんですが普通の病棟でもよく使われる機械です。私が入院していた病室は6人部屋で私以外の全員がその機械を使って点滴をしていました。この機械、正常に作動しているときは緑色のランプが点滅して何かの不具合が生じたとき赤いランプが点滅するようになっています。これが夜消灯した後も同じようにずっと点滅し続けるので消灯した後も緑色の光がネオンのように天井をぴかぴかと照らし続けるんです。働いているときはなんとも思っていませんでしたが寝ていると結構気になります。しかも私以外全員が使っているわけですからどっちを向いてもちかちかずっとしているわけです。果たしてこのランプいるんだろうか。不具合があるときに赤いランプが点滅するのは分かるけど、正常に作動しているときに緑のランプが延々点滅し続けることって必要なのかと考えてしまいましたね。せめて点滅じゃなくてずっと点灯していてくれたらまだ気にならないかもとか思ってみたり。

それから音。夜中に点滴を交換しに看護師が病室に来たりする音。どうしたって多少の音が出るのは当たり前。でもよく響きますね。眠れずにいると気になって仕方がありません。そして陣痛室から響き渡る叫び声。おそらく出産が間近に迫っているのでしょう。陣痛に襲われるたびに大絶叫しているのが夜中の病棟に響き渡る。ホラー映画のようでした。出産ってやっぱり命がけなのねっ思いましたし自然分娩って恐ろしい…とめちゃくちゃビビりました。

同業者として

看護師の対応、これもなんというか少し話しているだけでも新人かベテランかとかわかるものですね。これは別に同業者だからというわけではなく、受け答えとか所作とかからなんとなく分かってしまいます。経験が浅い看護師はとにかく決められたことをなんとかやりこなそうとしている感じ、ベテランは自分で看てその人がしてほしいと思っているであろうことを察知してやらなくてはならないこと+αなことをしてくれる感じがしました。経験の浅い看護師さんたちも一生懸命必死にやっていることは伝わります。だから余計な事頼んじゃいけないかなとかこっちも気を遣っちゃういます。患者さんってこういう風に気を遣っているものかもなと思ってみたり。自分が看護師だとバレている分、頼みづらかったり、相手もやりづらいだろうなと思ってみたり。そして半分以上が3年目以下の経験の浅い看護師で形成されている自分の職場でも同じように患者さんたちに気を遣わせていたり行き届いていないことが多々あるのだろうなと感じました。

時間の使い方がわからない

そして恐ろしく暇です。基本安静以外にやることがなかったのでとにかく暇です。暇だと余計な事を色々考えてしまいます。今後の妊娠生活がちゃんと続くのかここで終わってしまうのか、終わってしまったらどうしようとか不安になったり仕事は大丈夫だろうかとか、夜勤は誰が変わってくれているんだろうとか来月のシフト考えてたのがやり直しになっちゃっただろうとか。更には入院費用の心配とか。

起きて食べて本読んだりしてまた食べて、着替えしたりして、携帯見たり本読んだりしてまた食べて寝ての繰り返し。他に何をして過ごしたらいいのか分かりません。

一週間そんな生活を経て

私は当初二日で退院する予定でしたが入院中に更なる出血があり、入院期間が延長されてしまいました。エコーで血腫が発見され、絨毛膜下血腫との診断が下りました。結局1週間の入院を経て、なんとか双子はそれでも育ち続けてくれました。環境が悪い中でよく頑張ってくれました。まだまだ危機を脱したわけではありませんでしたが基本安静しかやることがなかったので自宅で安静にするように言われ、退院となりました。

この入院生活でいろんなことを学ぶことが出来ましたし、今後の仕事にも活かせるかもなと思いました。今は無職なんですが。今後妊活と両立できるような職場を探そうと思っています。どんなところで働いても今回のことは活かせるといいなと思います。

今日はこのあたりで。

インフルエンザが猛威をふるっていますので、どうぞ体調管理にはお気を付けください。